がん診療センターについて

はじめに

 がんは本邦の死因の第一位です。当院は、以前から、がんの診断、手術、抗がん剤・放射線治療、また、がんと診断されたときから、患者さん、ご家族に寄り添う緩和ケアにも積極的に取り組んでまいりました。そういった実績が認められ、2021年4月に国の地域がん診療連携拠点病院に認定されました。今回、さらにがん診療を病院全体で推進していくため、2022年8月にがん診療センターを設立いたしました。

センターの体制

がん診療センター

   
がん相談支援センター がんゲノム相談室 緩和ケアセンター

医師・スタッフ紹介

 がん診療センターは、がんと診断されたときから患者さんの相談に寄り添えるようがん相談支援センターを、院内でがんの診断・治療に携わる診療科および緩和治療にも対応できるよう緩和ケアセンターを設置しています。また、最近がんの診断・治療において著しい進歩を遂げつつあるがんゲノム医療に対応すべくがんゲノム相談室も設置しています。

   
がん診療センター長 藤本 康二 副院長、消化器外科部長
がん相談支援センター長 藤本 康二 同上
がん相談支援センター看護師 安藤 公子 がん看護専門看護師
がん相談支援センター事務員 原田 かおり 医療ソーシャルワーカー、公認心理師
がんゲノム相談室長 結縁 幸子 乳腺科医長
がんゲノム相談室事務員 趙 明華 乳腺科秘書
緩和ケアセンター長 山川 宣 緩和治療科医長
緩和ケアセンター看護師 沖田 知恵 がん看護専門看護師

当院のがん診療について

 我が国に多い消化器がん(胃、大腸、肝胆膵)、肺がん、乳がん、腎・前立腺がんを中心に、手術、抗がん剤、放射線による標準的治療を全般的に実施しています。

手術治療

  • 乳がんの手術件数は県内で最も多く、乳腺専門病理医も在籍しており、近畿圏を中心とした近隣施設から診断困難症例が多数紹介されています。形成外科とも協力し、腫瘍切除と同時に行う自家組織乳房再建術(一次再建)を積極的に行っています。
  • 以前から消化器がん(胃・大腸・肝胆膵)、肺がん、前立腺がんに対して鏡視下(内視鏡)手術をおこなってきましたが、2015年から導入したダヴィンチによるロボット支援手術を前立腺、腎、直腸、肺手術において積極的に導入しており、これらの低侵襲手術により患者が早期に社会復帰できるよう取り組んでいます。
  • 脳腫瘍手術については、2018年9月に、県内で最初に最新型手術顕微鏡KINEVO900を導入し、高難度の頭蓋底腫瘍が安全・確実に全摘出可能となりました。

化学療法

 腫瘍内科が中心となり、外来および入院でそれぞれのがん治療ガイドラインに沿った抗がん剤治療をおこなっています。

放射線治療

 標準的放射線治療をおこなっています。骨転移により生じる痛みなどに対する緩和的放射線治療についても積極的に取り組んでいます。IMRT(強度変調放射線治療)および粒子線(陽子線)治療については、治療可能な病院を地域医療連携室を通してご紹介させていただいています。

緩和ケア

 がん診療において重要な柱である緩和ケアについても、緩和ケア専門医2名と、長年緩和医療に従事してきた精神科の医師を中心に、心身両面から緩和医療をおこなっています。

・当院で診療をおこなっていない子宮がん、卵巣がんなどの婦人科がんについては、近隣の病院(神戸赤十字病院、神戸市立医療センター中央市民病院など)を地域医療連携室を通してご紹介させていただいています。