消化器外科 / 胆嚢の手術について

消化器外科TOPへ戻る

胆石について

 胆石とは胆汁の結晶が石のように固まったものです。胆汁は肝臓の中で作られ、総胆管を通じて十二指腸に分泌されます。その途中にある胆汁を一時的に蓄えておく袋が胆嚢です。その経路のどこ結石ができるかによって胆嚢結石、肝内結石、総胆管結石などと呼ばれます。最も多いのが胆嚢結石で80%を占め、一般的に胆石というと胆嚢結石のことを指します。

 胆嚢結石があっても必ず症状が起こるわけではなく、検診などで偶然発見される方もたくさんおられます。よくある症状としては食事の後に右の肋骨の下あたりが傷む胆石発作があります。人によっては背中が痛んだり、放散痛といって右肩に痛みを感じることもあります。胆石の症状は胆嚢の中で胆石が動いたり、胆汁の出入り口である胆嚢管に胆石がはまり込んだりすることで起こります。
 また胆石により胆汁のうっ滞が起こると細菌感染を起こし、発熱・嘔吐などの症状を伴う胆嚢炎となることがあります。胆嚢炎を起こすと胆嚢が腐って破れてしまったり、菌が血液のなかに流れ込んで敗血症を来すこともあり、緊急で治療が必要となります。

肝臓・胆管・胆嚢・十二指腸胆石・炎症を起こした胆嚢胆石

 

胆石の治療

 胆石の治療は外科手術が中心で、痛みや熱など症状がある胆石症は手術の適応となります。無症状の場合は基本的には手術適応ではありませんが、胆石や胆嚢の状態、社会的背景などを考慮して手術を行うこともあります。
 手術以外の内科的治療としては胆石溶解療法、結石破砕療法などがありますが、効果が確実ではなく再発も多いことからあまり一般的ではありません。

 手術は腹腔鏡下の胆嚢摘出術を行います。胆嚢を摘出することを心配される方もおられますが、ほとんどの方に後遺症は起こりません。若い方の場合、食後の下痢が起こりやすくなる方もおられますが、投薬や時間経過により改善が見られます。
 腹腔鏡手術はお腹に5mm~1cm程度の大きさの孔を数カ所開けて行う手術で、傷が小さくて済むことから術後の痛みが少なく、早期の退院・社会復帰が可能です。胆嚢摘出術の95%以上は腹腔鏡で施行可能ですが、激しい胆嚢炎を起こしていたり、過去に腹部手術を受けていて臓器の癒着が見られる場合などは開腹手術が必要な事もあります。

 一般的な腹腔鏡下胆嚢摘出術は4カ所孔を開けて手術用のカメラ、鉗子と言われる操作用の器具を体内に挿入して手術を行います。若年の女性など傷跡が気になる方には単孔式手術を行っています。これは臍部に開けた1カ所の孔からカメラと鉗子を挿入するもので、キズの大部分が臍の中に隠れるため傷跡が目立ちにくくなります。そのほか傷跡が目立ちにくく痛みも少ない細径鉗子を使用した手術も行っております。胆石や胆嚢炎の状態によっては難しいこともありますので、手術の安全性や患者さんの希望を考慮して手術方法を決定しています。
 当院では年間100~120件程度の胆嚢摘出術を行っています。予定を組んで手術をする場合は手術の前日に入院していただき、翌日に手術、術後2~3日経過を見て退院となります。強い症状があり緊急入院していただいた場合は術前に精密検査や抗生剤治療を行いながら手術日程を検討します。特に感染を伴う急性胆嚢炎の場合、ガイドライン上早期の手術が推奨されており、当院でも積極的に緊急手術を行っています。当院での胆嚢摘出術の3割程度が急性胆嚢炎に対する緊急手術となっています。

腹腔鏡下胆嚢摘出術・単孔式手術

胆嚢ポリープについて

 胆嚢ポリープのほとんどは無症状で、検診などで偶然発見されます。良性ポリープは治療を要しませんが、悪性(胆嚢癌)を疑う所見が見られる場合は手術を行います。

 癌を疑う所見としては

・10mm以上、あるいは増大傾向のあるポリープ

・広基性のポリープ

・高齢の患者さん

・血流が豊富

 などがありますが、総合的に手術の適応を判断しています。

 一般的には腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い、胆嚢を病理検査で調べることで最終的に癌であるかどうかの判断をすることになりますが、術前から非常に胆嚢癌の疑いが強い、あるいは胆汁細胞診などで癌と診断が付いている場合は最初から開腹して周囲の肝臓や胆管なども含めて大きく切除を行うこともあります。

消化器外科TOPへ戻る