消化器外科 / 胃癌について

消化器外科TOPへ戻る

胃癌について

 胃はみぞおちの裏あたりにある袋状の臓器で、食べ物の消化が主な役割です。胃の入り口は噴門と呼ばれ、胃の中の食べ物や胃酸が食道に逆流するのを防いでいます。胃の出口は幽門と呼ばれ、消化された食べ物が十二指腸へ送り出される量を調節しています。

 胃癌は胃の内面を覆っている胃粘膜が何らかの原因で癌細胞となり増殖していくことにより発生します。癌が進行すると粘膜から深い層へと広がり粘膜下層・筋層・漿膜へと進んでいきます。最終的に胃の外まで進行すると近くにある膵臓や大腸を巻き込んだり、腹膜播種といってお腹全体に癌が散らばったりすることがあります。また、癌の進行に伴い癌細胞がリンパ管や血管のなかに入り込み、その中を通じてリンパ節や遠隔臓器(肝臓や肺など)に転移を起こしたりします。

胃

          粘膜にできた癌は進行すると深い層へ浸潤していく

 

 

胃癌の治療について

 胃癌と診断されたら、次に治療方針を決定するための検査を行います。CT・MRI・PET検査などを行い、癌がどれぐらい広がっているか、転移があるかどうか(進行度)を評価します。臨床的に推定される癌の進行度によって治療方針を決定します。腹膜播種の可能性が強く疑われる場合は審査腹腔鏡を行うこともあります。

 早期の胃癌で内視鏡的粘膜切除術の適応があれば内視鏡で癌の切除を行います。胃カメラを使用して胃の内側から癌を切除する治療で、当院では消化器内科専門医により治療を行っています。切除した病変を病理検査で詳しく評価し、切除しきれていれば治療は終了になります。一方、病理検査の結果癌が残存している可能性がある場合や、リンパ節転移の可能性が高い癌であることがわかった場合は外科手術の適応となります。

 進行した胃癌に対しては手術が必要となります。手術の方法は癌の進行度や胃のどの位置に癌ができているかによって決定しています。手術単独では再発のリスクが高いと考えられる癌に対しては術前または術後に抗癌剤治療を併用します。

 切除不能な癌に対しては一般的には抗癌剤の治療が行われます。ただし癌で胃の出口が詰まってしまって食事がとれない、癌からの出血がコントロールできない場合などは姑息的手術といって症状を緩和するための手術(バイパス手術など)を行うことがあります。

胃癌の治療について

胃癌の手術について

 定型的な手術としては胃の出口に近い部分を切除する「幽門側胃切除術」と胃を全摘する「胃全摘出術」があります。胃の周りには転移する可能性があるリンパ節があるためリンパ節の郭清(リンパ節の掃除)も行います。切除後には食べ物の通り道を作り直す再建操作を行います。

定型的幽門側切除
胃全摘

 また比較的早期の癌に対しては胃の食物貯留能の温存や術後体重減少の抑制などを目的として胃機能をできるだけ温存する縮小手術を行っています。胃の入り口に近い癌に対しては胃の出口側を残す「噴門側胃切除術」が、胃の真ん中にできた癌に対しては胃の入り口側と出口側も温存する「幽門輪温存胃切除術」があります。

噴門側胃切除
幽門輪温存幽門側胃切除
胃部分切除+領域リンパ節郭清

 一部の早期癌に対しては臨床研究として「胃部分切除(分節切除)+ICGを使用した領域リンパ節郭清」を行っています。胃の切除範囲はなるべく小さくし、ICGという薬を癌の近くの胃粘膜に注射することにより転移が起こりやすいリンパ節領域を同定しリンパ節郭清を行うものです。

 手術は腹腔鏡で行う場合と開腹して行う場合があります。腹腔鏡手術ではポートと呼ばれる5~10mm大の孔を5~6カ所開けて行う手術で、傷が小さい、腹腔鏡で術野を拡大して見ることができるため精緻な手術が可能などのメリットがあります。ただし腹腔鏡下での操作が難しい巨大な癌や他臓器に浸潤した癌に対しては開腹して手術をした方が安全なこともありますので、症例ごとに最適な手術法を検討して手術を行っています。

胃の手術後について

 手術直後は点滴を併用しながら少しずつ経口摂取を再開します。最初は流動食から開始し、粥食、固形食と食事を進めて行きます。食事の通過が術前と変化しているため、一度にたくさん食べるとダンピング症状と行って腹痛や嘔気、めまいなどの症状が起こるため、一回の食事量を減らしゆっくり食べる必要があります。食事量の減少を補うため食間に間食をとっていただいたり、栄養補助剤を使用してもらうこともあります。十分に食事ができること、術後の合併症がないことを確認して退院となります。

 切除した胃は病理検査を行い、癌の深達度(胃壁のどの層まで癌がはいりこんでいるか)、リンパ節転移の有無を評価し最終的な進行度を決定します。この結果に応じ、術後の化学療法を行うかどうかを相談させていただきます。

 治療終了後も定期的に外来に通院していただき、栄養状態の評価や胃切除後貧血(鉄欠乏やビタミン欠乏)などのチェック、再発を早期に発見するための定期検査などを行います。

当院で胃癌の治療をお考えの方へ

当院ではガイドラインを基本に手術(腹腔鏡/開腹)を行います。単に胃癌といっても病状は様々です。最新知見に沿って各々に最適な治療を組み立てます(必要に応じて、消化器内科、腫瘍内科、リハビリ室、栄養室、患者支援センターなど連携して治療を行います)。

臨床研究として行っているICGを利用した胃局所切除(癌の根治を担保しながら胃の切除範囲を最低限にする治療)などさらに個別化された治療も行っております。

また、ご高齢の方についても積極的に手術を行っておりますが、リハビリ室や栄養室、患者支援センター、周辺病院と協力し、できる限り手術による生活の変化を最小とするよう心がけております。胃を切除することで手術前と食事摂取の状況も大きく変わります。癌の治療はもちろん、手術後の生活に対しても各々の状況に応じて関係各部署と連携をとり最適な治療をさせていただいております。

当院で治療をお考えの方はご気軽に相談下さい。

消化器外科TOPへ戻る