病理診断科の特徴

 病理診断科は標榜科として認められ、細胞・組織形態に基づいた病理診断は最終診断として医療の向上に大きく寄与するものと考えております。当科では、臨床医との密な連携の元、より質の高い病理診断を追求することを目的に診断精度の向上を日々心掛けております。

代表的疾患

 当院の臨床各科から提出される検体が病理診断の対象となります。検体は全臓器から採取されており、その疾患は良性から悪性まで多岐にわたります。疾患の詳細につきましては、臨床各科の代表疾患の項を参照下さい。

所属医師のご紹介

藤盛 孝博 病理センター長
神戸大学 昭和49年卒業
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
田代 敬 病理副センター長
     病理診断科医長
徳島大学 平成9年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 細胞診教育研修指導医
伊藤 智雄 非常勤医師
北海道大学 平成4年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
伊藤 利江子 非常勤医師
神戸大学 平成2年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
西上 隆之 非常勤医師
弘前大学 昭和49年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医

学会施設認定

  • 日本病理学会研修認定施設 認定B
  • 日本臨床細胞学会施設認定
  • 日本臨床細胞学会教育施設認定