病理診断センターの特徴

 病理診断センターは、診療センターの一つとして2014年4月に設立されました。当初は藤盛孝博センター長と非常勤医師からなる病理診断部門のみでしたが、病理医の充足と共に2015年4月から病理室が診療技術部から当センターに帰属することとなり、細胞診断、生検組織診断、手術で摘出された臓器・組織の診断、手術中の迅速診断、病理解剖診断に必要な病理標本の作製から診断に至るまでの全ての業務を担うこととなりました。

病理診断部門

病理・細胞診断は病理・細胞診専門医5名(内非常勤3名)が担当しています。病理解剖は死体解剖資格認定有資格者が担当しています。

所属医師のご紹介

藤盛 孝博 病理センター長
神戸大学 昭和49年卒業
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
田代 敬 病理副センター長
      病理診断科医長
徳島大学 平成9年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 細胞診教育研修指導医
伊藤 智雄 非常勤医師
北海道大学 平成4年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
伊藤 利江子 非常勤医師
神戸大学 平成2年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
西上 隆之 非常勤医師
弘前大学 昭和49年卒
取得資格
(専門医・認定医等)
  • 日本病理学会専門医
  • 病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医

技術部門(病理室)

 技術部門は、病理組織検査(生検・手術材料)、細胞診検査、術中迅速検査 (OSNA 法を含む)、病理解剖の介助、マクロ写真の撮影、切り出しの補助等の業務を行っています。
 迅速細胞診検査にも素早い対応と正確な診断が出来る様に心がけています。また、乳腺・甲状腺の細胞診検査、気管支鏡検査、ERCP等の検査には各診療科に出向き、標本作製を行うなどチーム医療の一員として積極的に業務に取り組んでいるほか、CPC (Clinico-Pathological Conference)、悪性リンパ腫検討会、乳腺カンファランス、消化器カンファランス等の院内勉強会にも参加しています。
 臨床検査技師8名(内非常勤2名)が所属し、細胞診検査には国内・国際細胞検査士の資格取得者(6名)と国内細胞検査士の資格取得者(1名)が担当しています。

検査実績

病理診断センターの診療実績については、下記のPDFファイルをご覧ください。